スポンサーサイト

  • 2015.06.28 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    おじゅう

    • 2015.04.09 Thursday
    • 01:36
    2012年3月9日 「一蘭 天神西通り店」―西鉄福岡天神

    一転して賑やかな町並みである。人通りも多い。目当ての店、代替候補、すべてが臨時休業などで閉まっており、そのうちに中休みの時間帯に陥る。途方に暮れた我々は、ほぼ間違いなく開いているであろう、ある店を目指した。

    「一蘭 天神西通り店」。九州にまで来て今更「一蘭」かと笑うだろうか。しかしただの「一蘭」ではない。全国で唯一この店舗にしかない品が存在するのだ。

    入口でどうぞと案内する女性の、なんと魅力的な声。なにかその手の職業に就いたらいいような声だ。そもそも「一蘭」で店員に迎えられた経験などないのである。驚いて思わず話しかけてしまった。いや、かけさせられてしまった。

    二階へ上がり…「味集中システム」だったか、席ごとの仕切りを触っていたら、なんと動かして取り払うことができた。以前からそうだったのか…。

    そして件のメニューが、蓋付きの重箱で恭しく登場。そういえば「一蘭」出身の某店主が、蓋付きの丼を使ったことがあったか。

    通常よりも濃く、コク深いように感じた。醤油ダレあたりに秘密があるのか、香ばしさを伴った独得の旨味がある。食べ応えという点では上か。ただそれも重箱効果、と言ってしまえばその程度。
    別皿の「オスカランの酸味」を加える。さほどの変化ではないが、味わいは膨らむ。「オスカラン」なる耳慣れない文句が何を意味しているのかGoogleに頼る気すらないが「〜の酸味」と続く言葉には思えない。オスカランの秘宝、オスカランの魔の手、オスカランの死闘、などが適していよう。

    飲み干して現れる「この一滴が最高の喜びです」の十二文字。

    ラーメンなのだから、唇に対する丼の縁の厚みと質感で、感じ取りたい欲求もある。そして丼を…こう捧げ持つ重さ、首を上げて嚥下していくあの充実感。人間は舌だけで、味覚だけで味わってなどいないのだ。
    たとえば鰻丼と鰻重は感じ方が明らかに違う。カレーライスとカレー丼も違う。では麺類であるラーメンに於いての重箱に、丼に変わる魅力があるかと言えば、さあどうだろう。いっそのこと、これを含めた二千五百円程度のコースメニューしかない、などはどうだ。二階席だけ座敷の個室にしたらどうだ。…どうやらどこかにあったらしい、個室が。

    いいんだ、考えるな。食べたことに意味がある。さあ、陽も傾いてきた。喉を潤さざあなるまいよ。

    一蘭
    釜だれとんこつラーメン 790円
    オスカランの酸味 50円

    スポンサーサイト

    • 2015.06.28 Sunday
    • 01:36
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM